2008年02月21日

七文字目「大」

syo009.jpg

少しは大人になったのか、面の皮が厚くなったのか、一歩踏み出せる
人間になった。
とにかく臭かった。
臭かったが、しないといけないときはしないといけないのだ。
だから扉を閉め、鍵を掛け、しゃがみ込んだ。
すると、どこからともなく中学生数人がやって来て、まさに扉を隔て
た数十センチ向こうで
「クセッ!クセッ!なにこのニオイッ!」
「誰やっ?誰入っとんねん!クセッ!うわっ、ほんまクセッ!」
と、騒ぎ立て始めた。
肛門が縮こまり、血の気が引くのが分かった。
中学生の僕なら、確実にその場で泣き崩れ、以後学校に行くことは
なかっただろう。
しかし、今は30を遠に過ぎたいい大人だ。
後処理をきっちり済ませ、意を決し、勢いよく扉を開け
「このニオイ、俺ちゃうからなっ!」
と睨み付けた。
声は少しうわずっていたが、有り難いことに中学生達は退散して
いった。
見たか、これが大人だ!
護るべき尊厳は、自らの手で護らないといけないのだ!

posted by もりさわまさはる at 17:53| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。