2008年08月09日

二十一文字目「未」

syo026.jpg


「“カツうどん”ていう名物メニューがあって、これが結構癖になるんですよぉ」と
何やら良からぬものを勧められた。
茹でたうどんの上に牛カツが乗っていて、そこに特製ソースがかかった代物だという。
うどんも牛カツも味の想像は出来る。これだけだとミスマッチのマッチ抜きだ。
しかしその特製ソースをかけることによって、どのようなハーモニーをかもし出すの
か気になり行くことにした。

こぢんまりとした洋食屋だった。
店に入って早速「カツうどん下さい」と注文した。
すると店のおばちゃんは「はい、カツうどん。ライスもね?」と当然のように聞き返
してきた。

え?うどんに、更にライス?意味が分からなかった。
が、ここは店の慣習に従うのが一番だと瞬時に判断し、「あぁ、そしたら、ライスも
お願いします」と店のおばちゃんに身を委ねることにした。
うどんにライス。これは焼きそば定食感覚で食べるものなのか?それならば・・・
待っている間、不安を打ち消すプラス材料を探そう探そうという思考回路になっていた。

そして待つこと5分。カツうどんとご対面。
少し深い目の洋皿に茹でただけのうどん、その上に何の変哲もないカツ、脇にキャベ
ツの千切り、そしてその上から少し黄色がかったデミグラスソースのようなもがかけ
られていた。恐らくこれが特製ソースだ。ライスにみそ汁も付いていた。
おばちゃんはカツうどんを出すなり、「ソースかけてね」とカウンターに置かれたウ
スターソースを手に取った。

え?特製ソースに、更にウスターソース?
僕はとっさに「ソースかけるんですか?」と聞き直してしまった。
するとおばちゃんは「うんうんうん。これはあくまでも好みやけど、最初何もかけん
と食べてみて、ちょっと味違うなぁ思たらソースかけて。まぁわたしはソースかける
けど」と暗に特製ソースの存在を批判してみせた。

まずは、ウスターソースをかけずに上のカツを特製ソースのみで味わってみた。
どことなく和菓子を食べているような感覚に襲われた。
次に、おばちゃんの指示通りウスターソースをかけてカツを頬張った。
直ぐにライスが欲しくなった。
おばちゃんの言う通りライスを頼んでよかった。
その後、うどんをひとすすりした。
これは最後にまとめて、目を瞑って食べようと思った。

結論。カツうどんとは、ライスとウスターソースが有って初めて何とか成立する、単
品ではまだまだ未完成の名物メニューだった。

食べ終わるとおばちゃんが「どやった」と訊いてきたので、少し迷ったあげく「僕も
おばちゃんと同じで、ソースかけた方が好みです」と当たり障りのない答えを見つけ
出し返した。すると別のおばちゃんが厨房から出てきて向かいのカウンターに腰掛け
「ウチの特製ソースはちょっと甘い目やねん」と特製ソースの特徴を補足してくれ
た。僕はハッとなり「あ、何かみたらし団子っぽかったです」と巧く味を表現してし
まった。厨房から出てきたそのおばちゃんは、それを聞いてこめかみに血管を浮き上
がらせながらも落ち着いた態度で「うんうんうん、初めて食べたこどもとかは、みん
なそう言うわ」と勝ったのか負けたのか分からない切り返しをしてきた。

店一杯に変な空気が流れ始めた。続けて「結局ぅ、ウチのソースはぁ、醤油とか入っ
ててぇ、和風やねん。醤油とかぁ・・・もう色んなもん入ってんねん。だから和風。
和風が特徴やねん」と余計に空気が悪くなる弁明を始めたので、僕は店を後にした。
僕は帰る道すがら、カツうどんにあと何を足すと更なる完成に近づくのか考えていた。

カツうどんには、まだまだ伸びしろがある。
posted by もりさわまさはる at 00:28| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

二十文字目「公」

syo025.jpg

わずかな額ではあるが、住民税を払いに市役所まで行ってきた。
納税課の窓口は4つあり、真ん中の2つは先客がいて利用されていた。
見たところその2人以外に客は無し。従って次は僕。
空いている端の窓口に行ってみると、「隣の窓口をご利用下さい」と封鎖
のプレートが立てられていた。
カウンターの中を見渡すと、ざっと20〜30人、机に向かって事務仕事を
していた。

おかしい。
こんなにも働いていたら手の空いている人間が居るはずだ。
よく見ると、やはり数人何もしていない人間が居る。
僕はカウンターに立っている。なのに誰も僕に気付こうとしない。
民間ならありえないことだ。民間なら事務仕事の手を止めてでも、まず
窓口に来る。

もう一度言う。
少額ではあるが、僕は税金を納めに来たのだ。
いわば、そこで働いている公務員の飯の種をだ。
なのに封鎖のプレートを置き、対応しようとしない。

僕は決め込んだ。
一番奥の、みんなと机の向きが違う、一番給料を貰ってそうで、かつ
一番暇そうにしているオッサンに対応させてやると。
僕は腰に手をあて、仁王立ちでオッサンを睨んだ。
オッサンは、机に置いたパソコンの陰からチラッチラこちらを伺っている。
どうやら僕の存在には気付いているようだ。
しかし、僕と目を合わせようとはしない。何を考えているのか?

『一応封鎖のプレート置いてんねんけど、あの佇まいは対応しろという
ことなんやろなぁ〜・・・誰か対応してくれへんやろか?(周りを見渡す)
うぅわ、誰もあの客に気付こうとしてないやん・・・ここで「ちょっとカウンタ
ー行ったって!」て命令しても、「お前が一番暇やろ」いう目で見返され
るんやろなぁ・・・やっぱり僕が対応した方がええんかなぁ?・・・でも僕
ここのボスやしなぁ・・・僕が対応すのも、おかしな話かぁ・・・(パソコン
の陰からカウンターを見る)うわっ!まだ僕の方見てるやん!何?僕狙
い?何やろ?クレームかなぁ?クレームやったらめんどくさいなぁ〜・・・
やっぱり誰か対応してくれへんやろかぁ?(もう一度周りを見渡す)・・・
対応する気ゼロやん・・・はぁ〜〜・・・やっぱり僕が行かんとあかんの
かぁ〜・・・いややなぁ〜(腰を上げる)・・・ややこし客と違ったらええん
やけどなぁ〜・・・』

オッサンは、やっとこさ重い腰を上げ、恐る恐る僕の方に近づいてきた。
よしっ!山が動いた!
そしてオッサンは僕にこう言った。
「何か用事ですか?」

え?ふざけんなボケーーッ!!!
何が「何か用事ですか?」じゃボケーーッ!!!
税金を払いに来たんじゃボケーーーッ!!!
それよりもまず第一声は「お待たせしました」やろボケーーーッ!!!
ホンマなってないっ!公務員がいろいろ叩かれているこのご時世に、なん
ちゅー態度やっ!全く持って自分の立場分かってないっ!

「おいっ、何やその言葉遣い。
それが税金を払いに来た者に対する言葉遣いか!そんな言葉遣いをする
のは自分らが税金でおまんま食べさせて貰ってると言う意識が欠如しとる
からやっ!そうと違うか!民間なら考えられへんぞ!血の滲むような思い
で他社とは違う製品を開発し、営業マンが朝から晩までかけずり回り、ここ
までするか!というようなサービスまでして、それでもまだ会社が倒産する
危険にさらされ、個人もいつクビになるかもしれないという不安を抱えながら
やっとるのに、それをなんや!黙っててもこいつら税金払いにきよる。何て
便利なシステムなんや。こんな便利なシステム考えたやつって偉いなぁ〜
とかおもっとるんとちゃうかっ!」

と大声で叫んでやりたかったが、何故か
「あのぉ〜、これ早期納金割引期間過ぎてるんですけどぉ〜・・・もう無理
ですかねぇ〜?」と伺いをたてていた。
オッサンに「フッ・・・無理ですねぇ」と軽くあしらわれた。

俺、頑張れ!
posted by もりさわまさはる at 19:43| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。