2008年08月09日

二十一文字目「未」

syo026.jpg


「“カツうどん”ていう名物メニューがあって、これが結構癖になるんですよぉ」と
何やら良からぬものを勧められた。
茹でたうどんの上に牛カツが乗っていて、そこに特製ソースがかかった代物だという。
うどんも牛カツも味の想像は出来る。これだけだとミスマッチのマッチ抜きだ。
しかしその特製ソースをかけることによって、どのようなハーモニーをかもし出すの
か気になり行くことにした。

こぢんまりとした洋食屋だった。
店に入って早速「カツうどん下さい」と注文した。
すると店のおばちゃんは「はい、カツうどん。ライスもね?」と当然のように聞き返
してきた。

え?うどんに、更にライス?意味が分からなかった。
が、ここは店の慣習に従うのが一番だと瞬時に判断し、「あぁ、そしたら、ライスも
お願いします」と店のおばちゃんに身を委ねることにした。
うどんにライス。これは焼きそば定食感覚で食べるものなのか?それならば・・・
待っている間、不安を打ち消すプラス材料を探そう探そうという思考回路になっていた。

そして待つこと5分。カツうどんとご対面。
少し深い目の洋皿に茹でただけのうどん、その上に何の変哲もないカツ、脇にキャベ
ツの千切り、そしてその上から少し黄色がかったデミグラスソースのようなもがかけ
られていた。恐らくこれが特製ソースだ。ライスにみそ汁も付いていた。
おばちゃんはカツうどんを出すなり、「ソースかけてね」とカウンターに置かれたウ
スターソースを手に取った。

え?特製ソースに、更にウスターソース?
僕はとっさに「ソースかけるんですか?」と聞き直してしまった。
するとおばちゃんは「うんうんうん。これはあくまでも好みやけど、最初何もかけん
と食べてみて、ちょっと味違うなぁ思たらソースかけて。まぁわたしはソースかける
けど」と暗に特製ソースの存在を批判してみせた。

まずは、ウスターソースをかけずに上のカツを特製ソースのみで味わってみた。
どことなく和菓子を食べているような感覚に襲われた。
次に、おばちゃんの指示通りウスターソースをかけてカツを頬張った。
直ぐにライスが欲しくなった。
おばちゃんの言う通りライスを頼んでよかった。
その後、うどんをひとすすりした。
これは最後にまとめて、目を瞑って食べようと思った。

結論。カツうどんとは、ライスとウスターソースが有って初めて何とか成立する、単
品ではまだまだ未完成の名物メニューだった。

食べ終わるとおばちゃんが「どやった」と訊いてきたので、少し迷ったあげく「僕も
おばちゃんと同じで、ソースかけた方が好みです」と当たり障りのない答えを見つけ
出し返した。すると別のおばちゃんが厨房から出てきて向かいのカウンターに腰掛け
「ウチの特製ソースはちょっと甘い目やねん」と特製ソースの特徴を補足してくれ
た。僕はハッとなり「あ、何かみたらし団子っぽかったです」と巧く味を表現してし
まった。厨房から出てきたそのおばちゃんは、それを聞いてこめかみに血管を浮き上
がらせながらも落ち着いた態度で「うんうんうん、初めて食べたこどもとかは、みん
なそう言うわ」と勝ったのか負けたのか分からない切り返しをしてきた。

店一杯に変な空気が流れ始めた。続けて「結局ぅ、ウチのソースはぁ、醤油とか入っ
ててぇ、和風やねん。醤油とかぁ・・・もう色んなもん入ってんねん。だから和風。
和風が特徴やねん」と余計に空気が悪くなる弁明を始めたので、僕は店を後にした。
僕は帰る道すがら、カツうどんにあと何を足すと更なる完成に近づくのか考えていた。

カツうどんには、まだまだ伸びしろがある。
posted by もりさわまさはる at 00:28| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

二十文字目「公」

syo025.jpg

わずかな額ではあるが、住民税を払いに市役所まで行ってきた。
納税課の窓口は4つあり、真ん中の2つは先客がいて利用されていた。
見たところその2人以外に客は無し。従って次は僕。
空いている端の窓口に行ってみると、「隣の窓口をご利用下さい」と封鎖
のプレートが立てられていた。
カウンターの中を見渡すと、ざっと20〜30人、机に向かって事務仕事を
していた。

おかしい。
こんなにも働いていたら手の空いている人間が居るはずだ。
よく見ると、やはり数人何もしていない人間が居る。
僕はカウンターに立っている。なのに誰も僕に気付こうとしない。
民間ならありえないことだ。民間なら事務仕事の手を止めてでも、まず
窓口に来る。

もう一度言う。
少額ではあるが、僕は税金を納めに来たのだ。
いわば、そこで働いている公務員の飯の種をだ。
なのに封鎖のプレートを置き、対応しようとしない。

僕は決め込んだ。
一番奥の、みんなと机の向きが違う、一番給料を貰ってそうで、かつ
一番暇そうにしているオッサンに対応させてやると。
僕は腰に手をあて、仁王立ちでオッサンを睨んだ。
オッサンは、机に置いたパソコンの陰からチラッチラこちらを伺っている。
どうやら僕の存在には気付いているようだ。
しかし、僕と目を合わせようとはしない。何を考えているのか?

『一応封鎖のプレート置いてんねんけど、あの佇まいは対応しろという
ことなんやろなぁ〜・・・誰か対応してくれへんやろか?(周りを見渡す)
うぅわ、誰もあの客に気付こうとしてないやん・・・ここで「ちょっとカウンタ
ー行ったって!」て命令しても、「お前が一番暇やろ」いう目で見返され
るんやろなぁ・・・やっぱり僕が対応した方がええんかなぁ?・・・でも僕
ここのボスやしなぁ・・・僕が対応すのも、おかしな話かぁ・・・(パソコン
の陰からカウンターを見る)うわっ!まだ僕の方見てるやん!何?僕狙
い?何やろ?クレームかなぁ?クレームやったらめんどくさいなぁ〜・・・
やっぱり誰か対応してくれへんやろかぁ?(もう一度周りを見渡す)・・・
対応する気ゼロやん・・・はぁ〜〜・・・やっぱり僕が行かんとあかんの
かぁ〜・・・いややなぁ〜(腰を上げる)・・・ややこし客と違ったらええん
やけどなぁ〜・・・』

オッサンは、やっとこさ重い腰を上げ、恐る恐る僕の方に近づいてきた。
よしっ!山が動いた!
そしてオッサンは僕にこう言った。
「何か用事ですか?」

え?ふざけんなボケーーッ!!!
何が「何か用事ですか?」じゃボケーーッ!!!
税金を払いに来たんじゃボケーーーッ!!!
それよりもまず第一声は「お待たせしました」やろボケーーーッ!!!
ホンマなってないっ!公務員がいろいろ叩かれているこのご時世に、なん
ちゅー態度やっ!全く持って自分の立場分かってないっ!

「おいっ、何やその言葉遣い。
それが税金を払いに来た者に対する言葉遣いか!そんな言葉遣いをする
のは自分らが税金でおまんま食べさせて貰ってると言う意識が欠如しとる
からやっ!そうと違うか!民間なら考えられへんぞ!血の滲むような思い
で他社とは違う製品を開発し、営業マンが朝から晩までかけずり回り、ここ
までするか!というようなサービスまでして、それでもまだ会社が倒産する
危険にさらされ、個人もいつクビになるかもしれないという不安を抱えながら
やっとるのに、それをなんや!黙っててもこいつら税金払いにきよる。何て
便利なシステムなんや。こんな便利なシステム考えたやつって偉いなぁ〜
とかおもっとるんとちゃうかっ!」

と大声で叫んでやりたかったが、何故か
「あのぉ〜、これ早期納金割引期間過ぎてるんですけどぉ〜・・・もう無理
ですかねぇ〜?」と伺いをたてていた。
オッサンに「フッ・・・無理ですねぇ」と軽くあしらわれた。

俺、頑張れ!
posted by もりさわまさはる at 19:43| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

十九文字目「似」

syo024.jpg

アンジェラアキ、立原啓裕に似てる。
posted by もりさわまさはる at 00:32| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

十八文字目「境」

syo023.jpg

環状線に飛び乗ったら、ピヨピヨというひよこの鳴き声が聞こえた。
最初、ケータイの着信音かと思ったが、ピヨピヨ・・・ピヨピヨの間隔が余りにも
不規則すぎる。
耳を凝らして音源を辿ってみると、僕の真後ろに本物のひよこが居た。
中学生ぐらいの女の子が抱えた、昔ながらの買い物籠をふたまわりほど小さくした
バッグの中から2羽のひよこが顔を出して鳴いている。
僕を含め、それに気付いた大人達は、元気に鳴くひよことその飼い主の顔をチラッ
チラ伺っている。
夏祭りの夜店で買った帰りでないことは確かだ。
その専用のバッグがそう教えてくれている。
ひよこ自体は可愛いのだが、ひっきりなしのピヨピヨは狭い車内ではちと癇に障る。
勿論、注意する者は誰もいない。替わりに「これは良いのか?感」が車両一杯に広が
っている。

犬を引き合いに出してみる。
散歩途中に犬を連れて電車に乗る人が居たら、さすがに誰か注意するだろう。
というより、改札で止められるだろう。
しかし、専用の籠に犬を入れて乗っている人は何度か見たことがある。これは問題
ない。
でもその籠に入った犬がワンワンワンワン吠え続けると迷惑だ。
逆に籠に入っていなくても、盲導犬のように賢くておとなしい犬なら問題ない。
そのひよこは、専用のバッグに入っているものの、バッグは買い物籠のように口空
きなので、今にもひよこが跳び出そうで冷や冷やする。
鳴き声も犬ほど大きくはないが、絶え間のなさがイラッとくる。
でも、コラッと怒るほどのものではない。

食べ物で考えてみる。
BOX席になった電車の中でのお弁当は問題ない。
しかし普通の対面式の車内でお弁当を広げるのはちと気が引ける。
しかし対面式の車内でも、お腹ペコペコで、かつ時間が無いときはパン
を頬張って
しまうときがある。
しかし吊革に掴まっているときはアメちゃんを嘗めるぐらいで我慢する。

電車の中でやって良いこと、悪いことの境界線は非常に難しい。
posted by もりさわまさはる at 23:42| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

十七文字目 「男」

syo022.jpg


洗濯物を取り入れたところで一服しようと、もう一度ベランダに出て
タバコに火をつけた。
すると、向かいの青空駐車場にしきりに辺りを気にする怪しげな中年
男性を発見。
その中年男性は、駐車場の一番はじっこに停めてある少し背の高めの
ワンボックスカーと、駐車場に隣接する民家の隙間に身を隠した。
車上荒らしかと思いきや、その中年男性は民家の壁に向かって立ち、
社会の窓を下ろし始めた。

只の立ちションである。

オッサンと目があった。
オッサンのファスナーを下ろす手が止まった。
ここは男同士。僕はすかさず見ない振りをしてあげた。がしかし目の
端でオッサンの動きを追っていた。
オッサンは別の場所を探そうかどうか悩んだが、結局40センチほど
横移動しただけで用を足し始めた。

一度タバコに火をつけると5分はかかる。
部屋の中は禁煙なので部屋には入れない。
たかだかオッサンのションベンの為に一旦火を消すのも癪な話だ。
しゃがんでベランダの陰に隠れたとて、煙が「まだここにいるよ」と
教えることになる。
何だか気まずい。
何だかオッサンと僕の二人だけの世界に居るようだ。
トイレで隣同士なら、何ら問題ない。
それはお互いがする立場。
この状況は、オッサンがしていて僕がただただ見守る立場。
僕もオッサンも身動きが出来ないまま、お互いの存在を感じ続けなけ
ればならない。
とんだプチ拷問を味わった。
posted by もりさわまさはる at 22:23| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

十六文字目「追」

syo021.jpg

こどもは追いかけっこをする。
追いかける方も、何故か、追いかけられる方も楽しそうだ。

それに対し、大人は追いかけっこをしたがらない。
体力的にもしんどいし、それよりも「追いかけられる」の意味合いが変わってくる。
大人の世界では「追いかけられる」は「逃げる」に姿を変える。
借金取りから逃げる。
ストーカーから逃げる。
原稿の〆切から逃げる。
「逃げる」には、どうも頑固な悲壮感がこびりついている。
これでは追いかけっこなんて自分から進んでするわけがない。

にしても、こどもの追いかけっこは本当に楽しそうだ。
追いかける方はもとより、追いかけられる方が顔面からはみ出すような笑顔で
キャーアキャー言って走り回っている。
もう僕は、あんなに楽しく追いかけっこをすることが出来ないのだろうか?

アニメの世界だが、楽しそうに追いかけっこをする大人がいる。
ルパン三世と銭形警部。
どちらも本当に楽しそうだ。
生き甲斐を感じながら追いかけっこをしている。

こどもの追いかけっこは楽しそうだが、そこには生き甲斐はない。
逆に、生き甲斐を感じながら追いかけっこするこどもがいたら恐い。
僕はもう、こどもとは言える年齢ではない。
あんな笑顔をするには、背中に人生をしょって走り回らなくてはならないのである。

posted by もりさわまさはる at 22:51| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

十五文字目「待」

syo_017.jpg

嫁が「Wii Fit欲しい」と言い出した。
どうも近所の友達ん家で興じたところ、思いのほか心奪われたようだ。
無論「欲しい」とおねだりしてみたところで僕が買い与える訳はなく、嫁自身がポケットマネーで買うのだ。
僕の懐は全く持って痛まない。にせよ問題は、彼を我が家にどう招き入れるかだ。と言うより、僕が彼とどう付き合うかだ。
僕は生まれてこの方テレビゲームと生活を共にしたことがない。
だから「テレビゲームが我が家に来る」と言われても、それは僕にとっては「アメリカ人がホームステイに来る」ようなものだ。
その昔、ファミコンでスーパーマリオブラザーズが流行った頃、友達ん家で一度やらせてもらったことがある。
ひねもす向き合ったが結局1面クリアー出来なかった。
ファミリースタジアムに至っては0対26とこてんぱんにやられてしまった。
まるで、街で外国人に声をかけられて、何が何だか解らず「NO!NO!NO!・・・」と逃げ去ってしまう。そんな苦い思い出だ。

ある日、近い将来、まっさらな顔をしたWii Fitがウチのリビングに鎮座している。
相手は機械だ。無視しようと思えばいくらでも無視することはできる。
しかし我が嫁が、いわば新妻が、突如やって来たそのWii Fitやらと楽しく戯れる姿を、ただ傍らで指をくわえて眺めている、そんな亭主でいいのかということだ!
見たこともない妻のはしゃぐ姿に耐えきれず、寝室のベッドに潜り込む、そんな男に成り下がってしまっていいのかということだ!
このままでは確実にWii Fitに負けてしまう。人間が機械に負けてしまう。
僕が人間として、男として、ひとまわりもふたまわりも大きくなればいい話か?
妻が機械と戯れる姿を、ゆったりソファーに腰掛けてワイングラスでも片手に、ガウンなんか羽織ったりなんかして、暖かい眼差しで愛でてやればいいということか?
残念ながら今の僕にはそんな器量は持ち合わせていない。無理やりやったとしても、それは只のプレイに過ぎない。

もはや為す術なし。
嫁が彼のことを忘れてくれる日を、ただただ息を殺して待つのみだ。
posted by もりさわまさはる at 23:08| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

十四文字目「傘」

syo_016.jpg

今更ですが、どなたか傘の差し方教えて下さい。
自分で言うのも何なんですが、器用さで言うと、割と器用な方だと思うのです。
日曜大工は出来るし、自転車も直せるし、勿論料理もする。キャベツの千切り、大根の桂剥き、フルーツの飾り切りなんかはお手のもの。
町内会器用さ選手権120種競技みたいなものがあったら確実に入賞する自身はあります。
しかしその120種の中に、“ミシン目のないトイレットペーパー切り部門”や“傘差し部門”があると、その入賞はかなり危ういです。
公衆便所なんかでたまにミシン目のないトイレットペーパーだったりすると、ちょっと恥ずかしくなるぐらいギザギザになってしまいます。でもそれはこの際目を瞑りましょ。三角折りでごまかしましょ。
しかし傘差しはごまかすことはできません。
ホントこの歳になって疑問に思うのですが、みんなどうやって傘を差しているのでしょうか?
何かコツやテクニックがあるのでしょうか?
考えてみれば生まれてこの方、傘の差し方など教わったことがありません。
僕は僕なりの方法で雨の角度や風の強さ、傘の面積などを考慮しながら差すのですが、目的地に着くと必ず肩から下がびしょ濡れです。濡れていないのは顔だけです。
こんなに濡れるのならこんなおっきな傘要らんやん!もう顔サイズの傘で充分やん!と思ってしまいます。
今日も信号待ちをしながら周りの人をチェックしていたのですが、やっぱりみんな僕ほど濡れていないのです。
こんな雨降りにもかかわらず、みんな何かシュッとしてるのです。僕だけ何か濡れ鼠みたいなんです。
「右斜め75°やな!おっ!今度は後斜め65°か!」と傘をクネクネさせたりするのが悪いのだろうか?
傘は絶対この角度!何が何でもこの角度!という“黄金の差し方”なるものがあるのだろうか?
誰か!誰か教えて下さい!
でないと・・・・・・でないと・・・・・・入賞できません・・・
posted by もりさわまさはる at 10:42| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

十三文字目「相」

syo_ 015.jpg

先日、チラシの写真撮影後の飲み会で、今回の客演の中西さんと森川さんの手相を視た。

手相は高校のときの友達、辻内の影響で始めた。始めたと言っても手相の本をほんの1冊読んだ程度のニワカ占い師だ。
今は、気軽に女性の手に触れられる‘飲み会必須アイテム’として思わぬ役目を果たしているが、元々の入口はそんな不純なものではなかった。
大学受験に何度も何度も失敗し、「僕の人生どなえなんねん!」と塞ぎ込んでいたときのことである。

高校の何気ない休み時間
「ウヒヒヒヒ。森澤、手相視たるわ・・・」
とネズミ男張りの胡散臭い笑顔で躙り寄って来た辻内のことをふと思い出した。
恐る恐る手を差し出すと
「ふむふむ・・・・・あぁ、なるほど・・・やっぱり、自分気にするやろから言わんとくわ」
「え!何で?」
「ちょっと、まっくん視して・・・」
と僕の手相は漫ろに、隣に居た松永の手相を視だした。
あのとき、辻内は僕の大学受験大大大大大失敗を見切っていたのか?
そう思うと僕は本屋まっしぐら、参考書コーナーそっちのけで1冊の手相の本を手に取った。

それから時が経ち、もうかれこれ7〜8年前になろうか、お彼岸で墓参りをするため僕は実家に帰った。
そのとき母が
「あぁそうそう。辻内君死んだん知ってる?」
とおもむろに台所仕事する手を止め、僕に近寄ってきたのである。
「え!ほんまにっ!」
「何か東北の方にひとりで旅行に行ったとき、大雪の中、何でもない溝にはまって死んでたんやて」
そ・・・そんな死に方あるかっ!?そんな2時間ドラマの雑魚キャラみたいな死に方。しかも20代の若さで。
生前、辻内がよく言ってた言葉がある。
「ウヒヒヒヒ。人生そんな甘ないって」
甘くないにも程がある。
今でも思う。辻内は、果たして自分のそんな惨めな死に方を見切っていたのだろうか?


posted by もりさわまさはる at 18:33| 大阪 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

十二文字目「恥」

syo_014.jpg

お母さん方が小さな子供を自転車の前と後に乗せて漕いでいるのをよく
見かける。
危ないからと条例で厳しく取り締まるようになりかけたが、お母さん方
の強い反発で一旦保留になった。
小さい子供を家に残して出かける訳にもいかないし、かといって3人乗
りは危険だし、確かに難しい話だ。
が、そんなことよりもあのガニ股でペダルをキコキコする姿は何とかな
らないものか?
女性に美しさを求めてしまう余りに、見かけるとどうも目を背けてしま
う。
子供を前に乗せると、ガニ股でキコキコせざるをえないのだが、恥じら
いの心は捨ててもらいたくない。
先日バイクで信号待ちをしていた。
割と大きめの交差点なのだが、車も自転車も何も見あたらない。
そこにいるのはバイクに跨っている僕と、初老の上品そうなおばさまだ
けである。
おばさまは急いでいたのか、僕を気にしながら
「ごめんなさい、内緒ね、内緒、内緒・・・・・」
と恥ずかしそうに小走りで赤信号を渡っていった。
“内緒”というフレーズが何とも奥ゆかしいではないか。
信号無視は悪いことだが、僕は心の中で「いいよ。気にしないで」と無
事渡りきった
おばさまにかけてあげた。
このおばさまのように、女性にはいつまでも恥じらいの心を持ち続けて
もらいたいものだ。
そこで急務!世のお母様方が、ガニ股しないで子供を自転車に乗せられ
るアイテムを開発するのだ!
posted by もりさわまさはる at 22:54| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。